• 初代日比谷野外大音楽堂
  • 2代目日比谷野外大音楽堂
  • 3代目日比谷野外大音楽堂
  • 初代日比谷野外大音楽堂
  • 2代目日比谷野外大音楽堂
  • 3代目日比谷野外大音楽堂
  • 初代日比谷野外大音楽堂
  • 2代目日比谷野外大音楽堂
  • 3代目日比谷野外大音楽堂

HIBIYA YAON 日比谷野外大音楽堂

2023 100周年

HIBIYA YAON 日比谷野外大音楽堂 2023 100周年

人がいる。空があり、音が鳴る。
そして次の100年へ。

「野音」は、
100年前、1923年大正12年に生まれた。

東京の真ん中、都会のオフィス街に佇む、緑深き公園。
そこに息づく、無二の聖地。

キャロルの解散コンサート、尾崎豊のステージ飛び降り、
10円コンサート、RCサクセションの「PLEASE ROCK ME OUT」…
野音の歴史はそのままロックの歴史でもある。
キャンディーズがあの解散宣言をしたのも此処。
野音には自由な気風があると、南こうせつが言った。

繋がる空から降る雨に、ずぶ濡れの観客。
チケットを手に入れることのできなかったファンたちが、
耳を澄ませる音漏れ。
コール&レスポンスのように歌う夏の蝉。
星の下で、心がひとつになる瞬間。
止まぬ拍手。

思い出は溢れ、物語となり、
伝説はこれからも創られ続ける。
野音は、生きている。
あなたとともに。

100年後、
この場所でどんな音が奏でられているのだろう。

日比谷野外大音楽堂100周年

日比谷野音100周年記念事業
実行委員長 よりご挨拶

日比谷野音が2023年に100周年を迎えます。
2023年の4月のオープニング・セレモニーから、11月のクロージングまで
野音という都会の中の野外ステージで、さまざまなコンサートやイベントが行われます。
今までの100年とこれからの100年がクロスする、まさに祝祭の1年になります。

野音はたくさんの伝説が生まれた音楽の聖地。
僕も音楽少年だった頃、さまざまな野音伝説を見聞きするたび「いつかは野音のステージに立ちたい!」と思っていました。
そして、大人になって実際にそのステージに立つと、緑に囲まれ、その向こうにビル街を望むステージには、野音にしかない空気感と音楽の息遣いがありました。
曲が終わるとお客さんの拍手に混じって、鳥の鳴き声や、虫の音が聞こえてきます。
バラードの泣かせどころで、遠くでパトカーのサイレンが鳴り響いていることもあります。
さっきまで青空だったのに、急に大雨が降りはじめることもあります。
楽屋では、会話もままならないくらいに熱気のある音がステージから聞こえてきます。
いいことも、わるいこともたくさんあるのに、楽しい記憶しか残らない。それが、野音。
音楽、人、自然、街…野音は何もかもありのままに受け入れる自由な空気に溢れています。
よく「日本武道館は音が天井から降ってくる」と例えられますが、野音は「音が空の向こうに飛んでいく」そんなイメージです。「僕らはどこまででもいけるんだ!」そんな気持ちにさせてくれるステージは野音がワン・アンド・オンリーです。

この度僕亀田誠治は、そんな愛すべき、日比谷野音の100周年記念事業の実行委員長という名誉あるお役目をいただきました。勝手ながらこれは音楽の神様からの天命だと感じ、心が突き動かされました。そしてこの100周年を最高の祝祭にするために、音楽だけでなくさまざまな分野から、野音を愛する素晴らしい仲間や先輩方を実行委員としてお招きしています。今までの100年とこれからの100年をつなぐこの祝祭を、みんなの音楽愛に溢れる自由な発想と行動力で鮮やかに彩っていきたいと思います。
もちろん、ステージに立つ僕らだけでなく、野音で音楽を楽しむオーディエンスの皆さんが揃ってはじめて歴史は刻まれていきます。
野音にある自由な空気を、ここで鳴らされる尊い音楽を、ステージと客席の間に生まれるエネルギーをどんどん高めて、新しい野音伝説を作っていきましょう。さあ、みんなで一緒にお祝いです!

日比谷野音100周年記念事業
実行委員長

亀田誠治

野音(日比谷公園大音楽堂)とは

野音の通称で親しまれ「ロックの聖地」「フォークの殿堂」として広く知られている野外音楽会場です。
1923年に開設され、2度の改修を経て、現在は3代目大音楽堂として多様なジャンルのコンサートが開催されています。
100年の歴史の中では、キャロルの解散コンサート、キャンディーズの解散宣言、尾崎豊のステージ飛び降り事件など数々の伝説とも言えるライブが生まれ、多くの音楽ファンに”音楽の聖地”として認知されています。

公式ロゴマーク公募

日比谷野音100周年記念事業は「野音」の100周年を記念し、その歴史的役割と価値を再認識するとともに未来への継承を行うプロジェクトです。
この周知となる機運の熟成を目的として、プロジェクトを象徴するロゴマークを広く一般より公募します。
皆様の創造力を存分に発揮し、ロゴマーク制作をお願い致します。

賞金等 採用者には、賞金10万円および表彰状を授与します。
  • ※受賞者が未成年の場合は、賞金相当額の商品券又は図書カードを贈呈します。
  • ※受賞者が未成年の場合は、著作権等に係る本件への帰属了承等のため、親権者の同意が必要です。
募集期限 2022年12月9日(金)17時(必着)
※郵送の場合は消印有効
結果発表 2023年2月頃に、採用者に直接通知します。また、野音100周年記念事業ホームページ等で発表します。

募集要項

大正12年(1923年)に開設された日比谷公園大音楽堂(野音)は、令和5年(2023年)に100周年を迎えます。関東大震災の2ヶ月前に開設され、被災を免れた野音は娯楽施設の壊滅した市内(都内)にあって、当時の市民生活に健全な娯楽を与える場所となりました。
そして、東京の中心部の野外で音楽を楽しむことができる稀有な施設として、
その後100年の長い歴史の中で幅広いジャンルの音楽において数々の伝説的な公演を生み、「野音」は、今もってアーティストや人々にとって、唯一無二の特別な意味をもつ聖地であり財産であります。
今回の野音100周年記念事業にあたり「野音100周年記念事業」のロゴマークを以下により募集します。皆様からの御応募お待ちしております。

  1. 応募資格・応募点数
    1. 年齢、デザインの経験、受賞歴の有無等は問いません。
    2. 募集要項に同意いただける方であれば、個人でも団体でも、どなたでも応募が可能です。
    3. 応募点数の制限はありません。
  2. 制作条件 制作条件は次のとおりとします。
    1. 「野音100周年記念事業」のイメージが、分かりやすく伝わるもの。
    2. 「野音100周年記念事業」を構成する次の要素を極力盛り込むこと。
      • ・ 野音を感じることができるものであるか
      • ・ 野音100周年を祝うイメージにあうものか
      • ・ 次の100年への継承を表すものであるか
      • ・ 音楽を感じることができるものであるか
      • ・ 多くの人に愛されるものか
      • ・ テーマ・メッセージ性をとらえ、このプロジェクトへの期待感を高めるものであるか
      • ・ デザインとして優れ、様々な媒体で広く活用可能か
      • ・ オリジナリティがあるか
    3. 都内外へ発信することを念頭に制作すること。
    4. シールなどにも使用するため、2㎝×3㎝程度の大きさでも視認できるようなデザインで制作すること。
    5. 応募作品は、応募者自身の未発表のものに限る。
    6. 応募作品は返却しない。
  3. 提出内容および提出方法
    1. 提出内容
      1. ロゴマーク(電子データの場合は、JPEG または PDF ファイルにて10MB内で提出してください。 様式は任意とします。)
      2. デザインの趣旨(解説・考え方を200字程度で記述してください。ただし、氏名等応募者が特定できる情報は、ここに含めないでください。)
      3. 氏名・年齢・住所・電話番号・メールアドレス(採用作品については、制作者の氏名、 住所(都道府県・区市町名まで)および②の趣旨説明(解説)は公表します。)
    2. 参考資料

      使用したOS、アプリケーションの名称およびバージョン、使用したデータの仕様等を記載し、参考資料として添付してください。(手描きの場合は不要。)

    3. 提出期限 2022年12月9日(金)17時(必着)※郵送の場合は消印有効
    4. 提出方法・提出先 当事務局あて御応募ください。
      その他、郵送でも受け付けます。なお、いずれの場合も受付通知は行いません。
      1. 応募フォームの場合
        • オフィシャルホームページ(本サイト)応募フォームから応募してください
      2. 郵送の場合・作品を折り曲げないように留意し、封筒に「ロゴマーク応募」と明記すること。
      〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-5 日比谷公園大音楽堂事務所「野音100周年」ロゴマーク係 宛
    5. 作品は描画ソフト(種類は問いません。)により作成したもの以外に、手描き作品でも可。
  4. 審査について
    1. 審査は、「5 審査にあたり考慮する項目」により、野音100周年記念事業実行委員会が採用作品を決定します。
    2. 選考経過については、非公開とします。選考過程の問合せには、対応できかねます。
    3. 次に該当するものについては、審査の対象外とします。
      1. 第三者の著作権や商標権等の権利を侵害するおそれのあるもの。
      2. 既に他の地域で採用されているものまたは採用されたものに類似のもの。
      3. 政治的・宗教的・商業的メッセージを含むもの。
      4. 反社会的な要素、誹謗中傷を含むもの。公序良俗その他法令の規定に反するもの。
      5. 採用後であっても、①~④の条件に違反していたことが判明した場合、採用は無効となります。また、デザインが類似と認められた場合も、採用を取り消すことがあります。これらに伴い、発生するトラブル、損害などは、当実行委員会および東京都では負いかねますので、御留意ください。
  5. 審査にあたり考慮する項目

    次の5項目について審査します。

    1. 視認性:パンフレットやオリジナル記念グッズ(Tシャツなど)様々なものに使用するため、大人から子どもまで幅広く好感をもたれ、分かりやすいもの。
    2. 象徴性:「野音100周年記念事業」の象徴となること。
    3. 審美性:デザインとして優れていること。
    4. 展開性:さまざまな媒体で展開可能であること。
    5. 再現性:カラーだけでなくモノクロ化や拡大・縮小してもデザインイメージの変化が少ないこと。
  6. 結果発表について

    2023年2月頃に、採用者に直接通知します。また、野音100周年記念事業ホームページ等で発表します。ただし、選考の都合上、発表時期が変更になる場合があります。 なお、不採用者への通知は行いません。

  7. 賞金等

    採用者には、賞金10万円および表彰状を授与します。

    • ※受賞者が未成年の場合は、賞金相当額の商品券又は図書カードを贈呈します。
    • ※受賞者が未成年の場合は、著作権等に係る本件への帰属了承等のため、親権者の同意が必要です。
  8. 注意事項

    応募者は、次の各事項について承諾の上で、作品の応募をお願いいたします。

    1. 応募作品の知的財産権等について
      1. 応募者は、応募作品が採用された場合、当該作品に関する著作権(著作権法第 27 条および第 28 条に規定する権利を含む)、商標権、意匠権、その他の知的財産権、所有権等一 切の権利を当事務局に無償で譲渡する。
        また、当該作品に関する著作者人格権その他一切の人格権を当事務局およびその指定する者に対して行使しない。
      2. 応募作品に関する知的財産権その他の一切の権利の全部または一部について、応募後に第三者にこれを譲渡し、移転し、もしくは担保に供する等の処分をし、または出願・登録手続等を行っていることが判明したときは、応募を無効とすることがあります。
      3. 全ての応募作品について、当事務局は、広報・記録等を目的とした印刷物、Web等において無償でこれを使用できるものとする。
      4. 応募者は、第三者の著作権や商標権等の権利を侵害するおそれがないこと、および既に他の事業で採用されたものに類似のものではないことを確約する。それらの違反があった場合には、応募者が自らの負担と責任において一切を処理すること。なお、必要に応じて、制作過程に関する情報や制作段階におけるスケッチ等の関連資料を確認する場合がある。
    2. 個人情報の取扱いについて

      応募者の個人情報の取扱いについては、作品の審査および発表の範囲内においてのみ利用し、本人の同意がある場合を除き、第三者に提供することはありません。なお、3の(1)の③ に記載のとおり、採用者の氏名、住所(都道府県名)と作品の趣旨(解説)については、公表します。

    3. その他留意事項
      • ※ 採用作品の修正について 採用作品の使用にあたっては、原案を尊重しながら、補正・修正および文字の付加、あるいはほかの書体等との組み合わせなど、ロゴマークの修正をお願いし、完成版とすることがあります。また、必要によって、編集可能なデータ形式でのファイルの提出をお願いすることがあります。なお、補修等についての同意が得られない場合、決定後であっても、採用決定を無効とします。
      • ※ 採用作品の制作者について 採用作品の制作者には、「野音100周年記念事業」の広報活動等への協力をお願いすることがあります。
      • ※ 応募に要する費用はすべて応募者の負担とします。また、応募者が応募を行ったことにより被った損失・損害については責任を負いません。何らかの障害、事故等でデータファイルが開けない、郵送物が届かない等の問題が発生した場合についても責任を負いません。
      • ※ 当事務局は、応募作品の管理に万全の注意を払いますが、天災その他の不慮の事故等に 基づく破損、紛失等について責任を負えない場合がありますので、応募作品に係るデータ等のバックアップは各自で御対応ください。
      • ※ 未成年者の方は、応募にあたり、親権者等の法定代理人の同意を得た上で応募してください。採用作品の決定にあたっては、著作権等の権利譲渡や賞金授受等に関して改めて親権者等の法定代理人の同意書が必要になります。
      • ※ グループでの応募の場合、応募作品の創作に関わった方全員が、本要項を承諾の上、全員の氏名を添えて応募するものとします。応募時に記載したメンバー以外の方が創作に関わったことや、メンバーの一部が募集要項に承諾していないことが判明したときは、応募 を無効とすることがあります。
      • ※ 本要項の内容(スケジュール、注意事項等)については、当事務局の判断により変更または追加することがあります。その場合は、それまでに既に応募した方で、これに同意できない方は、その応募を撤回できますが、応募に要した費用その他損失・損害等の負担には応じません。
      • ※ 募集要項の内容も含め、応募に関する一切の事項は、日本法に準拠し、日本法に従って 解釈されるものとし、応募に関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
      • ※ 本要項に取り決めのない事項については、当事務局の判断により決定します。
応募する

個人情報の取り扱い 本企画の主催・運営業務は日比谷野音100周年記念事業 実行委員会が行います。

日比谷野音100周年記念事業実行委員会

日比谷野音100周年記念事業は、実行委員長である音楽プロデューサーの亀田誠治氏を中心に、野音に縁のあるアーティストや芸術関係者など多岐にわたるメンバーによって構成された実行委員会が開催する記念事業です。

実行委員

委員長

亀田 誠治

音楽プロデューサー、ベーシスト

副委員長

中島 高志

東京都技監兼建設局長

特別顧問

湯川 れい子

音楽評論家、作詞家

石川 さゆり

アーティスト(歌手)

井上 芳雄

アーティスト(俳優、歌手)

大塚 愛

アーティスト(シンガーソングライター)

小曽根 真

アーティスト(ジャズピアニスト)

菊本 誠二

日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)館長

岸谷 香

アーティスト(ミュージシャン)

きゃりーぱみゅぱみゅ

アーティスト(歌手)

KREVA

アーティスト(ラッパー・プロデューサー)

佐藤 伸朗

公益財団法人東京都公園協会 理事長

高嶋 直子

ビルボードジャパン
編集長

瀧藤 雅朝

一般社団法人日本音楽事業者協会 会長

武部 聡志

音楽プロデューサー

立川 直樹

プロデューサー

蔦谷 好位置

音楽プロデューサー

寺島 剛紀

大星ビル管理株式会社
代表取締役社長

中川 翔子

アーティスト(歌手)・タレント

中西 健夫

一般社団法人コンサートプロモーターズ協会 会長

野村 達矢

一般社団法人日本音楽制作者連盟 理事長

檜原 麻希

株式会社ニッポン放送
代表取締役社長

前田 裕二

SHOWROOM株式会社
代表取締役社長

水野 良樹

アーティスト(ソングライター(いきものがかり / HIROBA))

ミッキー吉野

アーティスト(キーボードプレーヤー/ゴダイゴ)

南 こうせつ

アーティスト(歌手)

宮本 亞門

演出家

箭内 道彦

クリエイティブディレクター

横田 健二

株式会社共立 取締役会長

依田 昭夫

日比谷図書文化館 館長

<五十音順 敬称略>